About QOLF

理事長挨拶

2007年に乳がん予防を提唱する講演とディナー・パーティーのチャリティー・イベントを契機に任意団体PINK BEAUTYを設立し、7年後は特定非営利活動法人Quality of Life Foundation「医科学研究者国際活動支援協議会」として社会的な使命を達成することを目的にした組織となりました。

活動内容も年々充実しており、収益を乳がん関連団体に寄付させて頂く活動から、ご支援賜っている大使館を通じて海外の専門医を本邦に招聘研修するといった、より積極的な事業も定着して参りました。新たに、協力医療機関の専門医の先生方によるセミナー開催も試みております。

本法人では、チャリティー・イベントから発展してきたという歴史が示すとおり、文化交流を礎として、関わって下さる皆様が自己と他者の健康に思いをはせ、その結果として医療の発展に結び付くことが基本理念となっております。乳がん予防を出発点にした活動も、疾患の予防・治療には、医療技術だけでなく医療技術を支える医学教育が根底にあること、高度専門医療のみならず地域医療や総合診療の視点も重要であることに帰結することから、拡充した内容を包括するものに発展しつつあります。

本法人が社会に寄与できる活動は限りがありますが、どのような国、どのような医療施設に対しても誠実に向き合い、支援活動を目指していく所存です。今後とも引き続き、皆様方の一層のご支援とご鞭撻をお願い申し上げます。

特定非営利活動法人Quality of Life Foundation
「医科学研究者国際活動支援協議会」
理事長 鈴木 裕子

totop