• READYFORでクラウドファンディングに挑戦しております。
    実施期間は、8月5日(金)23:00までです。
    皆様の温かいご支援、ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • Quality of Life基金(2017年度)によるウルグアイ東方共和国への医療発展支援の貢献に対し、ウルグアイ東方共和国 ホセ・ムヒカ前大統領から弊法人 理事長 鈴木裕子に寄せられたビデオメッセージ

  • Quality of Life 基金による学術交流プログラムにて2019年にクロアチア共和国から招聘、がん研究会有明病院にて病理学研修中のIva Kirac先生

  • Quality of Life 基金による学術交流プログラムにて2019年にアルゼンチン共和国から招聘、東京大学医学部附属病院にて研修中のFerreira Mongelos Patricia Alejandra先生と東京大学医学部附属病院 肝胆膵外科の金子順一先生

  • Quality of Life基金授与の模様(2019年)
    左)駐日アルゼンチン共和国 特命全権大使 アラン・クラウディオ・ベロー閣下
    中)Quality of Life Foundation理事長 鈴木裕子
    右)駐日クロアチア共和国 特命全権大使 ドラジェン・フラスティッチ閣下

  • Quality of Life 基金による学術交流プログラムにて2019年ペルー共和国に派遣、東京大学医学部附属病院 肝胆膵外科 河口義邦先生によるペルーの医療従事者を対象とした講演会の模様

  • Quality of Life 基金による学術交流プログラムにて2019年にギリシャ共和国に派遣、がん研究会有明病院 乳腺外科医長 坂井威彦先生と現地病院の先生方

  • Quality of Life 基金による学術交流プログラムにて2018年アンゴラ共和国より招聘、 Teresa Eugenia Lomba Jamba先生(中央左)とIsabel Mateus Gaspar Sales Candido先生(中央右)へ、がん研究会有明病院 乳腺センター長 大野真司先生(最左)と東京大学医学部附属病院 国際診療部長 田村純人先生(最右)による修了証の授与

  • アンゴラ共和国大使館にて開催された修了証授与式にて、東京大学医学部附属病院、及びがん研究会有明病院にて研鑽を積んだTeresa Eugenia Lomba Jamba先生による感謝のスピーチ

  • チャリティー・ガラ・ディナー「Power of Elegance 2019」にて、がん研究会有明病院 病院長 佐野武先生率いる、がんサバイバーコーラス隊の皆様によるコーラスの模様

About QoLF

一般社団法人Quality of Life Foundation 医科学研究者国際活動支援協議会では、
各国大使館、医療機関よりご推薦いただいた専門医の海外派遣と本邦研修を通じて、
技術協力と先端医療の研究、医学教育の向上にかかる事業を推進し、
一人でも多くの方が最善の医療を受けることの未来を拓くため、活動しております。

チャリティ・ガラ

セミナー

招聘・派遣実績

寄付先

totop